Welcome to my homepage

カードローンはいざという場面で役立つ

カードローンはいざという場面で重宝するローンです。

商品概要を見ると、目的自由、多目的、用途自由などと記載されているでしょう。

これは好きなことに利用していいという意味なので、日々の生活でお金が足りない場面で使うことができます。

例えば、公共料金の支払い、生活費、教育費、車検代、リフォーム費用の一部、旅費などなど、使い道について聞かれることはないので、自由に使用しても大丈夫です。

あとから、レシートを提出するといった面倒はいっさいありません。

カードローンは意外にもお金持ちの方も利用しています。

お金があればローンなど不要だと思えるでしょうが、手持ちのお金がないケースは誰にでも起こり得ることでしょう。

財布を落としたり、盗まれてしまったり、貯蓄預金なので出金できなかったり、さまざまな場面で重宝するので、1枚持っていて絶対に損はありません。

契約するときに利用枠が設定されますが、すぐに利用枠全額を借りる必要はないのです。

利用枠100万円ならば、そのうち2万円だけ借りる、なんてことも可能です。

無理をして借りる必要がないので、無駄な利息を支払う必要もありません。

カードローンの使用で注意したいのは、使い道もないのにカードから借りて、家に現金を置いておくことです。

この場合、現金を使用してはいませんが、カードから借りた時点で利息が発生します。

100万円借りた場合の利息は、一般的に14~15%くらいになりますので、必要外の借り入れはしないようにしましょう。