Welcome to my homepage

カードローンは何日で完済するのがベスト?

カードローンの商品ページを見ると、借入期間は最長5年間などと記載されているでしょう。

ほとんどの商品は年単位で記載されていますが、実際に5年間で返済するケースはまれです。

返済期間が長くなるほど利息も増大するので、1日でも借入期間が短いほうがいいのです。

具体的な借入期間としては、数万円ならば一括返済するのがベストでしょう。

1回で返済することを想定して借りれば、失敗することはないのです。

返済回数が5回、10回と伸びてしまうと、返済計画に狂いが生じたときに困ります。

お金の返済というのは、なかなか計画通りにはいかないものです。

返済期間が延びるほど、予想外の出来事も増えてきますから、なるべく短い期間・回数で返済したほうがいいでしょう。

目的ローンの代用としてカードローンを使用するならば、必然的に借入額は大きくなります。

返済期間はおのずと延びますが、それでも1年以内に完済するようにしたいものです。

短期完済を心がけると、万が一金銭的に厳しい状態になっても、無理が利いてしまうことが多いのです。

返済まで5年もかかるとなれば、返済のモチベーションを維持することは難しいでしょう。

無理をして節約すると、節約疲れという状態になり、これが原因で浪費に走る方も少なくありません。

コツコツと計画的に返済していくためには、カードローンの返済期間を最長1ヶ月に設定するといいでしょう。

借入額を決めるときも、1ヶ月で完済できる範囲で設定すると失敗がありません。